人気ブログランキング |

☆ぢゅnn’s おりぢなる☆

kemunpusj.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 31日

帰国子女

帰国子女なんて 書いたけど

かっこいいものでは 有りませんでした。


今のイメージのものとは ぜんぜん違う

かなりひどいものである。



当時文部省の公認する日本人学校は無かった。

週に二回火曜と木曜に日本人学校らしきものに通ってた。

しかも午後だけ3時間ほど

一応公務員の先生方がいたが、どんなシステムで運用されてたかはわからない

校舎は貸しビル

古く汚かった 窓は無く しょっちゅう停電してて エアコンの効きも悪い






苦労しましたよ




日本人学校は、俺が4年生の時に日本と同じ毎日授業になった。

俺が帰国した2年後に日本人学校独自の校舎ができたらしいけどね



そんな環境の中、勉強はもちろん 遅れまくり!!







当初3年生までは、午前中現地のアメリカ法人の学校へ通ってた。

そして午後から日本人学校ね。

アメリカンスクールはほとんどが米軍関係の子供や、

世界各国の子供達で日本人は数名のみ。

授業は先ずアメリカ国旗を前に胸に手を当て

何かを宣誓してから始まった。 内容は不明だがおそらく忠誠を誓う内容だったかな?





すべてが英語だが、話せない子供には特別な教室があった

俺も最初は、特別教室

英語話せない子達 すべて母国語である。

アジア方面の子 ヨーロッパー方面の子 南米方面の子 中東方面の子 などなど

片方が英語ならまだしも まったく通じ合わない


アメリカンスクールは日本人学校の全日制化でやめた。





当時その国は治安はもちろん悪く  (今でも悪いか)

夜は戒厳令が引かれていた。

出かけるにも 恐ろしくてなかなか外出もできなかったyo。






6年生の3学期に帰国

5年間の海外生活は 浦島太郎状態


特に勉強は想像以上に遅れてた。

中学に入りテストはまったくできない。

英語だけ100点

それ以外は10点とか0点連発

高校受験もほとんど手付かずで かろうじて私立に滑り込み



親父はとんでもないことをしてしまったと嘆いた。

そんなことない!!

貴重な経験でした。

いまだに当時のいい経験が俺の支えになっている所もある。




勉強?

いやいや いまだにできないし 文章もこんな程度しかかけないっす




そして


時間に余裕ができたら

さらに パパの生活した国を見せに行きたい。

by kemunpusj | 2006-03-31 15:30 | 想ふ事


<< 花見      アナログ ゲーム >>