☆ぢゅnn’s おりぢなる☆

kemunpusj.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 21日

たとえば

原発心配です。

先日東京電力の記者会見で 東電社員に食ってかかる記者がいた

東電の対応とその態度を思うと わかる気がするが

彼らに食って掛かっても 得るものや改善するものはない。


どう責任取るのか?

しまいには この質問

今は少しでも早い回復と改善が急務であって 撤退や責任とかの話ではないだろう。


たとえば われわれ日本人レベルで考えてみて

便利さを追求しその結果原発を大量に作り

震災が原因といえど 今こうして世界中に迷惑をかけてる


日本はどう責任取るの?


こんなに迷惑かけているのに 世界各国から多大な援助

ありがたいじゃないですか



東電の対応がいいとは思わない

撤退を首相に伝えたとか いろいろ言いたいことはあるが

今も原発の中で命がけで働いてる人たちがいる

そう思えば今は 信じて回復と改善を待ちましょう

責任論は事態が好転してから 語りましょうよ



原発が被災した直後

トップは悩んだと思う

たとえば被災直後に速攻海水を入れて 今回のような事態を引き起こさなかったとしよう

放射能は出なかった代償に

原子炉をすべてダメになった・・・・

他に手段はなかったのか?

国民の財産でもある原発を一発でダメにしたのだ



どう責任取るのか?

攻められるんだろうなぁ


厳しい選択だったと思う

この辺も事態が好転してから 考えましょうよ

政治も同じ

今の政府の対応や動きがじれったく おかしいのは俺も感じている

たとえば自民党ならもっと動けたのか?

そんなことはわからない




今は批判より

みんなで手をあわせてがんばるのが必要なことだよね


政治家の皆さん

今は野党とか与党ウンヌンじゃないでしょ

ひとりひとりいろいろな意見がある その中に党派を超えた

いいアイディアが隠れてると思う

それを引き出してください

お願いしますよ 政治家の皆さん



ここでオイラが いろいろえらそうなことを言っても

何をしても被災地の皆さんの力になれない

今はおとなしく 祈るしかないんだろうな



昨日大手スーパーに行くと

薄暗く スカレーターが止まっている

空調もなく うっすら寒い

3階までは 階段




足の不自由な方やお年寄りの方はエレベーター

または健常な人が手伝えばいい


暗くても 寒くても 買い物は出来る

今後もこれでいいんじゃね?



事態が収まり

安心できるような生活が戻ったとき


現場に残った東電の社員と

放水作業行った消防隊員に

国民栄誉賞を・・・・・。





ではまた明日

想いやりであふれてる日本でお逢いしましょう。    ぢゅnn でした。
[PR]

by kemunpusj | 2011-03-21 09:23 | 想ふ事 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://kemunpusj.exblog.jp/tb/14466842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by suzusuzu_77 at 2011-03-21 17:20
国民栄誉賞、大賛成(b>∀<)b
そうなのよ。
現場で作業を続ける人達。そして その家族。
暗いのが いい…とか、悪い…とか
避難した方がいい…とか、まだ大丈夫だ…とかいう
少なくとも2つの選択肢が残されてるのは
今 闘ってくれてる人達がいるからなんだよ。
イタズラに騒いじゃイケナイんだよ。

字数制限につき続く
Commented by suzusuzu_77 at 2011-03-21 17:21
逃げたいなら県外だって国外だって逃げればいい。
すず達が福島を離れないのは
諦めてるからじゃなくて、信じてるからなんだ。
多少時間はかかっても、これから日本は すげぇ国になる…て思ってるんだ。
頑張れなんて言わない。
だって もう充分 頑張ってる。
だから祈るんだよ。
どうかミンナ無事でありますように。
『生きて帰る』と言った約束が果たされますように…って。
Commented by kemunpusj at 2011-03-21 19:20
suzuさん
現場の人ものすごい恐怖と夢を抱えて働いていると思う
将来の日本 おれもすげぇ国になると思う
経済成長ではなく 思いやりと手を取り合うことの大切さを
わかってる素敵な国になると思うよ
事態が収まったら マッハ見に行くze
放射能? 知らん 福島産の牛乳ほうれん草 たらふく食べるぜ


<< 出来ること      セカンダリ バルブ >>