2010年 11月 14日

ジミニークリケット

ぢゅnnは 3才くらいの時 横浜旭区に住んでた

ここは親父の会社の社宅だった

すぐ裏には 新幹線が走ってた。 開業間もない新幹線は走るたびに みんな見てた


ずば~ん しゅ~ん しゅ~ん

新幹線の通過するときの音

この音が結構好きだった 当時流行ってた スーパージェッターを想像できた。



このころ 熱を出すと 決まって同じ夢を見た

真っ黒な物体が迫ってくる

ずば~ん しゅ~ん しゅ~んっと音とともに 少し楽になる

深夜新幹線が走らなくなると

パーーーーンと 警笛を鳴らして ドクターイエローが突っ走る

その音とともに

ジミニークリケットがものすごい怖い顔で出てくる

e0080589_17341266.jpg


そして 怖くて目が覚める



さっきようやく

解熱剤なしで37度まで 下がりました。




ではまた明日

ピノキオでお逢いしましょう。    ぢゅnn でした。
[PR]

by kemunpusj | 2010-11-14 17:36 | 想ふ事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kemunpusj.exblog.jp/tb/13632386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by suzusuzu_77 at 2010-11-30 04:11
こんな画像見せられちゃったら
もう、どうしようもなくディズニー行きたくなっちゃうなぁ(´∀`*)
ジミニークリケットって、このままでも充分 怖いよね…。
だって、バッタだもん(・∀・;)
Commented by kemunpusj at 2010-11-30 20:05
すずさん
子供のころのトラウマで いまだにこの顔が怖いんです マジで
恥ずかしいのですが 虫も嫌い


<< Mけんさん      なんじゃこりゃ >>